ファムズベビーを使っても赤いブツブツやカサカサ肌が治らない理由

乳幼児は古い角質がカサカサ肌の原因??

 

 

何度も出産を経験されているママはご存知でしょうが

 

生後間もないころは皮膚がめくれている状態を見てカサカサ肌や乾燥していると思いますが、乾燥してカサカサ肌になっているのではなく、乳幼児は皮膚の再生や新陳代謝が激しいので古いダメになった角質がはがれているだけでその下から新しい皮膚細胞が出来上がってきているのです

 

なので肌荒れやカサカサ肌などと考える必要はありません

 

 

ただ、この古い角質がそのまま皮膚についているとアカとして溜まり、赤ちゃんは体温が高く汗っかきなので雑菌が繁殖しやすくなるので お風呂で清潔にしておくことが重要なのです

 

 

病院で検診の時に先生に相談すると石鹸できれいに洗って清潔にしてあげてください等と言われた経験があります(笑)

 

 

そして、古い皮膚から新しい皮膚に代わるときは、赤ちゃんの皮膚自体のバリア機能が弱くなっている時なので、お風呂で古い角質を取り、清潔にした後でファムズベビーでしっかりバリアをはり、雑菌から赤ちゃんを守りましょう

 

この状態の時にファムズベビーではなく、他の保湿剤をつけすぎると皮膚の新陳代謝を遅くしたり、保湿剤で皮膚からの放熱ができずに体内に熱がこもってしまい蒸れてしまい赤みが強くなったり雑菌が繁殖しやすくなったりするので注意しましょう

 

 

ファムズベビーは超微粒子なので赤ちゃんの毛穴をふさぐことはありませんし体内に熱がこもることもありません

 

乳幼児の赤いブツブツは必ずしも肌荒れとは限りません

 

現在、ファムズベビーを生後1ヵ月の3男に使っていますが、顔に赤いブツブツが出てきたのでファムズベビーが赤ちゃんに、合っていないのかと心配になり赤いブツブツについて調べてみました

 

 

調べてみると

 

 

乳幼児は免疫機能などが未完成で、およそ3歳ぐらいで完成してくる状態になるのです
赤ちゃんはもともと、ママのお腹の中の羊水と言う無菌室にいましたが、、外の世界に出ると、外敵がたくさんいます

 

しばらくはママの母乳に含まれる免疫抗体をもらいながら体の機能を少しずつ作り上げていきます
が、外敵が体内に入った時は皮膚から排出するため皮膚が赤く腫れたりブツブツの発疹がでたりします。

 

これが乳幼児の赤いブツブツの正体です!!

 

 

外敵が体内に入らなくするためにファムズビーのバリアで赤ちゃんを守ってきたのにバリアの効果が無かったのでは??

 

心配になりながらも他に原因が無いか調べると

 

ありました!!

 

それは母乳です

 

 

 

母乳は母親の血液が変化したものなので、母親のその時に食べた食事の栄養状態や体調がそのまま反映されます

 

なので母親の栄養状態や体調が悪かったり、赤ちゃんの腸がまだ受け付けない物を食べた場合に赤ちゃん側の防衛反応として発疹(赤いブツブツ)が出ますが、正常な反応なので過度に心配する必要はありません

 

 

但し、発疹(赤いブツブツ)があまりにもひどい状態であれば、母親の食事や体調管理を整え、場合によっては母乳を与えるのを一時控えた方が良い場合もありますのでかかりつけの病院の先生に相談してください

 

 

我が家の長男乳幼児の時は母乳ではなく粉ミルクだったので発疹はあまり出ませんでしたが、次男と三男は完全に母乳です

 

お風呂に入って清潔にし、ファムズベビーを使っていたが、発疹が治らなかったりひどくなっている様にも感じるときがあったので心配していました

 

ですが、病院の先生にも相談すると、母乳の可能性が高いので気にしないでくださいと言われたので安心しました

 

 

その後、食事や体調を整え毎日ファムズベビーを使っていたら1週間程度で赤いブツブツも無くなり、めくれていた皮膚もきれいになりました

 

 

 

乳幼児以外にも子供や大人にもファムズベビーは大活躍します!!

手荒れ・アトピー・かかとのひび割れ・化粧の下地・金属アレルギー・鼻水での鼻の肌荒れなど便利な使い方を下記のページで実際に使用してどうだったのかを紹介しています♪

 

ファムズベビーの購入は公式サイトからの購入がファムズベビーが合わなかった場合の返金保証付きのプランがあり、最もお得で、まとめ買いなどで安く購入する事も出来ます

 

 


 
バリア機能とは? 最安値で買う方法 出産プレゼントにもオススメ 夫の体験レビュー(; ・`д・´)