ファムズベビーを新生児から利用してアトピーから守ろう

新生児からファムズベビーを使うとアトピー性皮膚炎や食物アレルギーになる可能性が30%軽減

 

国立成育医療研究センターの研究で世界で初めてアレルギー疾患予防法を発表しました 

 

詳しくはリンクをはっていますので国立成育医療研究センターHPを見てください

 

研究手法と成果
国立成育医療研究センターで実施中の成育出生コホート研究およびその他の最近の研究成果より、乳児期にアトピー性皮膚炎を発症した子どもは食物アレルギーなどの他のアレルギー疾患を発症するリスクが非常に高いことが示唆されていました。
今回、成育出生コホート研究におけるランダム化臨床研究介入試験で、新生児期からの保湿剤塗布によりアトピー性皮膚炎の発症リスクが3割以上低下することが分かりました。そして、アトピー性皮膚炎発症が卵アレルギーの発症と関連することも突きとめました。
微量の血液でアレルギー反応をおこすIgE抗体を測定する新規方法をもちいることにより、アトピー性皮膚炎あるいは湿疹を発症した乳児では卵白に対するIgE抗体が非常に高い値(オッズ比4倍以上)を示すことを確認しました。

 

 

新生児から3歳位までは、皮膚が薄いので皮膚からアレルゲンや細菌を吸収してしまうのです

 

 

 

 

 

ファムズベビーは新生児や赤ちゃんの皮膚にバリアをはることでアレルゲンや細菌などの侵入を防ぐのでアレルギーやアトピーの予防になります

 

 

 

ハウスダスト等で細菌を皮膚から吸収するのはわかるが、食物は皮膚じゃなく口からなのでは…?

 

 

 

と思いますが、食物アレルギーで多い 玉子や小麦等置いているだけで、玉子や小麦からアレルゲンが空気中に発生しているのです

 

 

 

そのアレルゲンを皮膚から吸収してしまい食物アレルギーになってしまう可能性があります

 

ファムズベビーを使う上で、最も効果的に使うのであれば生まれたての新生児時代からファムズベビーで赤ちゃんをバリアで守ってあげる事が重要です
我が家では先月出産した3男と病院から帰るときにファムズベビーで全身バリアで守った状態にしてから一緒に自宅に帰りました(#^^#)

 

みなさんはファムズベビーを最も効果的に使えるのが新生児から日々使う事だと知っていましたか?
アトピーなどが発症してから症状を改善するために使用するのもいいのですが、ファムズベビーはアトピーにならない為に症状が出る前から使う事が最も効果的なんです

 

乳幼児は皮膚の再生・新陳代謝が激しいので古い角質がはがれ、新しい皮膚細胞が出来上がる状態を繰り返しています

 

その状態の時は皮膚自体にバリア機能がそこなわれているので、雑菌やアレルゲン(アレルギーの原因によくなり得る物質)を赤ちゃんが皮膚から吸収してしまうと食物アレルギーになる危険性が高くなります それをファムズベビーでバリアをはることで食物アレルギーになる可能性を軽減できるのです

 

さらにバリア機能をはることで赤ちゃん自身の潤いを閉じ込め、保湿することでアトピー性皮膚炎の予防にもなっているのです

 

ファムズベビーは肌荒れやアトピーになってからではなく皮膚の弱い新生児の時から毎日バリアで守り、食物アレルギーやアトピー性皮膚炎にならない為に使うのが最も効果的です(*'▽')


肌がめくれている時期こそバリア機能で守ろう

 

赤ちゃんの皮膚から最も雑菌やアレルゲン(アレルギーの原因によくなり得る物質)を吸収してしまうのが肌がめくれている時期なのです。

 

新生児で肌がめくれている状態になる時期がありますが、決して肌荒れではありません

 

肌がめくれている時期は、皮膚の再生・新陳代謝が激しいので古い角質がはがれ、新しい皮膚細胞が出来上がる状態を繰り返しているのです

 

なのでめくれている肌は古い角質なのです

 

この時期は特に赤ちゃん自身の肌のバリア機能が損なわれているのでファムズベビーで赤ちゃんを守りましょう

 

実際に赤ちゃんを出産し、退院日から毎日ファムズベビーを使用し、わかったことを下記で紹介しています

 

 

 

 




 
バリア機能とは? 最安値で買う方法 出産プレゼントにもオススメ 夫の体験レビュー(; ・`д・´)