スノボーやスキーの肌対策に最適なファムズベビー

スキー焼けの原因

本格的な冬を感じるようになってくるとスノーボードやスキーの季節がやってきとワクワクしてきます(*^^*)

 

スノーボードやスキーが楽しすぎて、楽しんだ後でいつも後悔するのがお肌のケアです…
スノーボードやスキーを楽しんでいる冬は、スキー焼けしていてもそこまで気になりませんが、シーズンが終わると、スキー焼けが無くなると同時に顔にシミが出来ていたりして後悔します

 

みなさんは「スキー焼け」対策は十分にして楽しんでいますか?

 

夏場は紫外線を気にして日焼け止め等の対策を十分にされている方が多いですが、冬場は紫外線の量が少ない事からスキー焼け対策を忘れて出かけている方が多いようです

 

ですが、スキー場に行って曇っているからと、紫外線やお肌の対策をせずにスキー場に行って滑ると、ゴーグル以外の露出していた部分が黒く日焼けしてしまい、後悔している方が多のが現状です

 

そこで、何故冬なのに日焼けしてしまうのか?スキー焼けの原因を調べました

 

スキー場に行くと、何故紫外線の量が多いのか?
雪による紫外線の反射が原因です

 

雪は紫外線を反射させる量が非常に多いのです

 

土や草は5〜10% 砂浜や海面は10〜20%ですが、雪の場合、雪の状態が悪い場合であっても50% 新雪の場合は80%もの紫外線を反射させるのです

 

なので、スキー場の場合は、日が出ている場合直接太陽から浴びる紫外線プラス雪の反射の紫外線を浴びる事になります。
ですから曇っていても紫外線を浴びてしまい、スキー焼けの原因になるのです。

 

 

さらに、紫外線には「直接光」(太陽から直接届く)と「錯乱光」(空気中のゴミやチリや空気にあたり進行方向を変える)の2種類がありますが、スキー場は標高が高く、空気が薄いうえに空気中のごみや汚れなどが少なく澄んでいるので錯乱光が起こりにくい状態なのです

 

これらの原因でスキー場に届く紫外線の量が増えてしまうのです
実際に、紫外線の量を表すUVインデックスの値は、標高が高くなるにつれて値が増えると言われています

 


スキー焼けの対策は?

スキー場ではスキーやスノーボード専用のゴーグルを着用する事です

 

眼鏡やサングラスでも着用しないよりはいいですが、スノーボードやスキーの専用のゴーグルはUVカットの効果が高いものが多いからです
なので、スキー焼けと言うと、ゴーグルの型に焼けているのを連想しますよね

 

それに、眼鏡やサングラスはどうしても隙間が出来てしまいますが、ゴーグルなら隙間なく密着するのでその分紫外線から守る事が出来ます

 

 

2〜3時間おきに日焼け止めを塗る

 

日焼け止めの種類が多くてどれを購入して良いかわからない方は、日焼け止めには

 

「SPF(Sun Protection Factor)」と「PA(Protection GradeofUVA)」の2種類の表記を見ましょう

 

SPFはUVA(紫外線B波)の防止効果を表す目安の数値で、紫外線を浴びてから日焼けしてしまうまでの時間を遅らせる効果を示した数値なので、SPF30の表記であれば、日焼けするまでに10〜20かかる場合、30倍の5〜10時間に引き延ばす効果があります

 

日常生活であればSPF10以上で十分ですが、スキー場ではSPF50以上のものをおすすめします

 

PAは紫外線のUV-A(紫外線A波)を防止する効果を示していて、表記の+の個数で効果を示しています
このPAの表記もスキー場ではPA++以上のものをおすすめします

 

ですが、どんなに効果の高い日焼け止めを使用しても、効果が1日中続くわけではありませんし、スノーボードやスキーで汗をかいたり、水にぬれたりすると効果が短くなってしまいます。

 

なので、スノーボードやスキーの際には、2〜3時間おきに日焼け止めを塗る方がいいのです

 

 

その上で、ゴーグル以外の肌の露出も少なくすることです
ネックウォーマーやバンダナでお肌の露出を控えるようにしましょう
ですが、いくらネックウォーマーやバンダナでお肌の露出を控えていたとしても、布1枚では日焼け対策としては不十分なので日焼け止めと併用する事をおすすめします

 

それに冬になると、空気が乾燥します
通常の生活でも、冬になると空気が乾燥し、お肌の水分が奪われ、カサカサ肌になり肌荒れを引き起こしますが、スキー場に行くともっと空気が乾燥しています

 

お肌が乾燥するとお肌のバリア機能が低下してしまいます

 

お肌のバリア機能が低下している状態でさらに紫外線の強い場所に行くと、紫外線はお肌の水分を蒸発させてしまう作用があるので、紫外線カットだけでなく、お肌の潤いを保ち、さらにお肌のバリア機能を高める事が重要になります

 

それに紫外線カットのUV製品は敏感肌の方にはお肌に刺激があり、紫外線から守っても、お肌が荒れてしまう場合もあります。
そこでおすすめの商品が【ファムズベビー】なのです

 

冬になると、お肌の水分を守る為に、お肌に化粧水などで潤いを与えた上でファムズベビーを使用するとお肌の水分を逃がさないようにでき、さらにUV商品をを使用してもファムズベビーでお肌をバリアしているので、UV商品がお肌に直接触れるのを軽減できます

 

 



 
バリア機能とは? 最安値で買う方法 出産プレゼントにもオススメ 夫の体験レビュー(; ・`д・´)