水いぼ(伝染性軟属種)の予防にもファムズベビーが効果的

水いぼとはどのような病気なのでしょうか?

【水いぼ】とは正式名称は「伝染性軟属種」と言います
伝染性なので、皮膚のバリア機能が低下していたり、乾燥していたり、特に免疫が出来ていない赤ちゃんや子供は特に感染しやすい病気です

 

 

これが水いぼです

 

 

1歳の赤ちゃんに水いぼが出来てしまいました(T_T)
蕁麻疹や湿疹はどれが蕁麻疹でどれが湿疹かわかりませんでしたが、水いぼは写真で見ての通りすぐに水いぼだとわかりました


 

 

 

水いぼは「ポックスウイルス科」の「軟属種ウイルス」皮膚で増殖することで、皮膚に突起物が見られる病気です

 

病気と言うと、心配になりますが「良性」なので、特別早急に治療をしないといけないわけではありません

 

ですが、伝染性があるので全身に広がります
特に、皮膚が柔らかく、擦れて皮膚が乾燥し、バリアの機能が低下している箇所に多くできやすいです
皮膚のバリア機能が低下していると、真皮内の細胞にウイルスが入り込みやすくなり、感染しやすいのです

水いぼの感染はどのように感染するのか?

 

「軟属種ウイルス」はウイルスが皮膚の表面に付着する事で感染します

 

すでに水いぼが出来てしまっている皮膚と直接接触してしまうだけでなく、ウイルスが付着したものとの間接的な接触でも感染してしまいます

 

水いぼのウイルス自体の感染力は強くないのですが、皮膚に傷が出来ている場合や、乾燥等で皮膚のバリア機能が低下している場合は感染しやすい状態なので注意が必要です

水いぼはプールで感染しやすい??

 

子供の場合は、水いぼの感染はプールでの感染が多くみられます
ですが、プールの水が原因で水いぼに感染するわけではありません
ビート板やタオルを共用したり、皮膚と皮膚が直接触れる機会が多い事等が原因と考えられています

 

水いぼの感染の原因は接触によって感染します
学校保健安全法の「皮膚の学校感染に関する統一見解」では、水いぼに感染していると、肌が直接触れるタオルや水着やビート板や浮き輪などの共用を避けるように求めています

 

 

水いぼが出来ていてもプールは禁止されていません

 

日本臨床皮膚科医会および日本小児皮膚学会は「プールに関する委員会見解」を作成しており、この見解ではプールに入る事は問題はありませんが、タオルや浮き輪やビート板の共用をなるべく避け、プールの後はよく体を洗い流すようにっとしています

 

このことで、水いぼがある場合にプールを禁止する幼稚園や保育は減ってきましたが、プールは肌が直接触れ合ってしまう機会が多く、感染リスクが無いわけではありません

 

ビート板などの皮膚に直接触れるものに注意が必要です

 

水いぼのウイルスがプールの水の中に存在している明確なデータはありません
何故なら、プールの水は塩素消毒されているからです
ですが、家庭などでの水道水での水遊びの場合は注意が必要です

 

プールの場合、水いぼが潰れたものに直接触ると感染する可能性があります

 

プールで水いぼに感染する場合、腕の内側やわきに発症する場合が多くみられます
何故なら、ウイルスが付着した浮き輪やビート板が直接接触する場所だからです

 

プールでの水いぼのウイルス感染を防ぐためには、プールに入る前に、お肌のバリアを高めてあげる事と、プールの後は、しっかりときれいにシャワーで洗い流すことで感染を防ぐことができます

 

 

 

長男は現在プールに通っています
そして、水いぼになってしまいました

 

初めに水いぼになった箇所は足の裏です
きっと、プールの教室で歩いている時に「軟属種ウイルス」に感染したんだと思います
長男は足の裏に水いぼが出来てから、水いぼが気になるみたいで、どうしても水いぼを触ってしまいます
そして、触っていると、触った箇所にも感染したので、皮膚科に行き「液体窒素凍結療法」で水いぼを取ってもらいましたが、体内に抗体が出来ていないせいか、他の個所もウイルスに感染しており、まだ水いぼが出来ていなかった箇所の水いぼが出てくるので水いぼが治っているわけではありません

 

今年の夏は暑かったので、夏休みにお家の前で、子供3人で水遊びを何度もしていました

 

 

すると、1歳の赤ちゃんに水いぼが感染してしまいました(T_T)
正直、長男の水いぼは、長男が大きく、体もしっかりとしているので、そこまで感染は広がっておらず、あまり気にしていませんでしたが、1歳の赤ちゃんは、体も小さく皮膚のバリア機能も弱いので、水いぼが気が付けばたくさん広がっていました

 

 

特に水いぼが出来る場所は、首周り、脇腹等の皮膚が弱い箇所に感染します

 

 

プール教室のプールは塩素で消毒されていますが、家庭のプールは塩素での消毒はしませんし、プールで遊んだ後は、シャワーを浴びずにバスタオルで体をふくだけでした(T_T)

 

その後、水いぼについて調べるようになり、初めて水いぼについて理解しました

 

こんな時こそ、皮膚のバリア機能が低い赤ちゃんや子供のバリア機能を高めるファムズベビーを使うべきだたんですね…
ファムズべビーは水分にも強いので、ファムズベビーを赤ちゃんに使用してから家庭用のプールに入るべきでした(-_-;)

 

ですが、現在は水いぼの抗体が体内で出来るまで水いぼのウイルスが他の箇所に広がらないようにファムズベビーで皮膚のバリアを高めています

 

今まで以上にファムズベビーをぬるようになってから水いぼの感染が治まったと実感しています


 

ファムズベビーは赤ちゃん〜大人までお肌のトラブルに活躍します
水いぼだけでなく、洗い物の手荒れや金属アレルギーやアトピー肌でも活躍します、色々なファムズベビーの使い方を1年以上愛用している私がわかりやすく紹介しているので一度見てください♪

 

 

ファムズベビーの購入は安心で最もお得で安く購入する事が出来る公式サイトからの購入がオススメです

 

水いぼの治療について

 

水いぼについてのまとめ

  • 水いぼは伝染性軟属種ウイルス(MCV)と呼ばれるウイルスに感染する事で発症します
  • 水いぼは皮膚のバリア機能が弱い幼稚園児〜小学生低学年の子供に見られます
  • 潜伏期間は14日〜50日で、ブツブツのイボのようなものが出来ます
  • このイボを破ってしまうと、中のウイルスが触れてしまった手や周囲の皮膚にも広がってしまいます
  • 水いぼは半年から2年ほどで自然治癒すると言われています
  • 水いぼに対しての免疫ができ、自然治癒するのです

 

 

 

水いぼを早く治したい場合や、水いぼを取りたい場合は、皮膚科での治療が必要になります
水いぼの治療は皮膚科の先生によって違ってきます

 

 

水いぼの治療でピンセットなどで水いぼをつまみ取る方法があります
水いぼ専用のピンセットで患部をつまみ取るのですが、痛みがともないます

 

 

ピンセットでつまみ取る方法以外にも水いぼのとる方法もあります

 

 

液体窒素凍結療法

 

液体窒素を綿棒に浸し、水いぼに押し当てる事で細胞外水分を凍らせる事で細胞を脱水させて懐死させる治療法です。
ピンセットでつまみ取る方法に比べると、痛みは少ないですが、除去まで数回かかることがおおいです。
アメリカなどではこの液体窒素凍結治療が水いぼの標準治療です

 

 

電気焼灼法

 

レーザーや電気メスを使用し、イボを焼いてしまう治療法です
痛みを伴う為、イボの出来ている場所によっては、局所麻酔を行います
電気焼灼法のメリットはピンセットでつまみ取る方法と比べると、水いぼのウイルスが周囲の皮膚に飛び散るリスクを抑える事ができます


 
バリア機能とは? 最安値で買う方法 出産プレゼントにもオススメ 夫の体験レビュー(; ・`д・´)