プロペトって何?|赤ちゃんや子供に処方されるお薬

子供に急に蕁麻疹が発生しました

 

4歳になる子供が急に蕁麻疹が発生しました

 

 

これは背中の写真ですが、背中だけでなく正面も顔も蕁麻疹が発生したのです(; ・`д・´)
子供は、蕁麻疹が出ている箇所が痛いと言っていて足にも蕁麻疹が出ているので歩けないと言うのです
それに、蕁麻疹が出ている時に、長男の5歳の子供が溶連菌にかかっていたので、この4歳になる子供も溶連菌に感染している疑いがあり、昼間は体温が37.5度位の微熱でしたが、夜になると38.8度などの高熱が出ました

 

 

この蕁麻疹がの発生が約2週間程度続き、病院には6回程度通いましたが…

 

病院に行っても

 

先生「蕁麻疹ですね お薬を塗って様子を見てください」

 

私「子供が痛くて歩けないと言っていますが…」

 

先生「蕁麻疹で歩けない等の痛みはないと思うので大丈夫だと思いますよ」

 

私「熱も出ていますが、大丈夫ですか?」

 

先生「お兄ちゃんが溶連菌に感染しているので、弟さんも感染している可能性があるので、溶連菌の薬を決められた期間毎日飲んでください」

 

との事でした、何日間か様子を見ても蕁麻疹も熱も引かないので、心配になり病院に行っても同じ事を先生に言われるだけで、過保護な母親みたいな感じになっていましたが、ですが小さい子供の事なのでやっぱり、長い期間蕁麻疹や熱が引かなかったら心配になりますよね(^_^;)

 

アレルギーも心配していたのですが、幼い時にアレルギーの検査を行ない特に問題が無かったので、アレルギーではなく、何らかの原因で蕁麻疹が出ているのでは??
でも原因は不明との診断だったので原因がはっきりわからないと余計に心配になりますよね…

 

しかも溶連菌とのダブル(T_T)
痛くて歩けないは熱が続いていたので、関節痛の可能性もありますが…

 

ですが3週間幼稚園に行くことが出来ず、冬休みになってしまいましたが、今は蕁麻疹も熱も引いて安心しています(#^^#)

 

 

 

蕁麻疹と湿疹がどう違うのか先生に聞いたので紹介します

 

今回私の子供が発症したのは蕁麻疹ですが、蕁麻疹と湿疹がどう違うのか? 先生に聞いたので紹介します

 

蕁麻疹  

 

原因 食べ物や食品添加物、植物、発汗等様々で原因の特定は難しい
症状 皮膚の一部に蚊に刺された様な赤い膨らみが出来て赤く腫れかゆみがでる
患部 皮膚の中

 

湿疹

 

原因 金属等の刺激物との接触 指輪 ネックレス ピアス ゴム類 洗剤 化粧品
症状 赤いブツブツが出て、かゆみを伴う
患部 皮膚の表面

 

このように簡単に説明してもらいましたが、湿疹や蕁麻疹は体質によって様々なので、湿疹や蕁麻疹が慢性的に発症している場合は病院の皮膚科に行き、湿疹の「パッチテスト」蕁麻疹の「スクラッチテスト」などしてもらいしっかりと原因を調べた上での対策を病院の先生に相談しましょう

 

病院に通院したときに先生から処方された皮膚や肌のお薬を色々と貰いましたが、その中で、【プロペト】のお薬はどんなお薬なのか紹介します

プロペトはどんなお薬なのか?

この【プロペト】は蕁麻疹の顔用として処方されました
蕁麻疹の身体用として処方されたのは【ヒルドイド】です

 

 

これが病院で処方された【プロペト】です

 

 

 

【プロペト】とは小さな子供から大人まで幅の広い世代で使用することが出来るワセリンの一種の保湿剤で,乾燥している肌を守る(保護)するためのものなので、顔などのデリケートな箇所に使用しても安全な軟膏です

 

プロペトとワセリンの違い

 

プロペトはワセリンから不純物を取り除いて作られているので、赤ちゃんでも使用できるほど、安全性のある保湿剤です
何故、顔用に処方されたのかというと、まぶたや目元などの皮膚が薄く、敏感な箇所に使用しても安全だからです

 

目のような粘膜の箇所でも使用できるほどの安全性があります

 

 

プロペトの特徴

 

  • 皮膚の表面にバリアをはる効果がある
  • 刺激性がほぼ無い
  • 保湿の効果がある
  • 湿潤療法が出来る
  • 他の化合物と反応する心配が少ない

 

 

皮膚の表面にバリアをはる効果がある

 

乾燥した空気などが、肌の潤いを奪う天敵ですが、プロペトは皮膚にバリアをはる特徴があるので皮膚の潤いを守る効果があります

 

刺激性がほぼ無い

 

プロペトの主な成分が白色ワセリンで、刺激性がとても少ない特徴で知られています
どれぐらい刺激性が少ないのかというと、赤ちゃんの顔や、傷口にも使えて、目の中に入ったとしても安全なほどです

 

保湿の効果がある

 

皮膚の表面にバリアをはると言うのが、皮膚の表面にバリアをはって、フタをするので、皮膚の水分の蒸発を防いでくれます

 

湿潤療法が出来る

 

プロペトは安全性が高く、傷口にも使用できるので、皮膚を潤わせることで、切り傷や擦り傷の治療をする湿潤療法にも使用できます

 

他の化合物と反応する心配が少ない

 

他の化合物と反応することも少ない事から他の軟膏などと混ぜて使用することも出来ます
例えば、ステロイド剤に混ぜて使用するとステロイドの濃度を薄める効果があり、ステロイドの副作用も軽減させることも出来ます

実際にプロペトを使用して感じた良かった事と悪かったところ

 

プロペトを使用して良かった点は

 

  • 安全性が非常に高い
  • 他の軟膏と併用して使用できる
  • 副作用などの心配がない

 

プロペトを使用して悪かった点は

 

  • 塗るとベタベタする
  • 皮膚の表面なので取れやすい

 

私がプロペトを子供に使用し、一番嫌だったことはどれだけ薄く塗ってもベタベタする事と、皮膚の上に塗っているので擦れたりしてプロペトが剥がれてしまうと効果が無くなってしまうのです

 

普段は私が子供にプロペトを塗っているのですが、子供が自分で勝手にプロペトを塗るとあまりのベタベタ感だったので写真を撮ってしまいました(笑)

 

 

 

 

この後、顔を塗れたタオルで拭きとって寝たのですが、子供が「顔が気持ち悪くて寝れない」との事だったので、結局顔を洗ってファムズベビーを塗って寝ました

今後、蕁麻疹が出ない為の対策にファムズベビーがオススメ

 

 

 

 

私は生後5か月の三男の赤ちゃんにファムズベビーを保湿や、皮膚を外部の刺激から守る為に使用しています
今回次男が蕁麻疹を発症し、この【プロペト】について調べると、ファムズベビーを事前に使用しておけば良かったっと後悔しています(^_^;)

 

先ほど、プロペトについての特徴を紹介しましたが、ファムズベビーの特徴は

 

安全面

 

パッチテストで皮膚刺激数0.0で安全品と評価
シティンギングテストで基準値の半分以下の数値で刺激性が無いと判断されました
 
信頼性

 

地方自治体などの育児講座でもファムズベビー紹介され、母子手帳の副読本にも載っている

 

効果と使用感

 

  • 皮膚の内側にバリアをはる効果がある
  • テストの結果の通り刺激性が少ない
  • 保湿の効果を得る事が出来る
  • ベタベタしない
  • 効果が長時間持続する(落ちにくい)

 

この内容を見ると、プロペトに似ていますよね(#^^#)

 

このファムズベビーのプロペトより実際に使用して良いと思う点は

 

  • ベタベタしない
  • バリアを皮膚の内側に張るところ

 

ファムズベビーのベタベタしない理由

 

ファムズベビーはムースの泡上で液漏れ等もなくフワフワです♪

 

 

 

塗るときも塗りたい箇所にポンっと泡を置くことが出来ます

 

 

 

この泡を塗りたい箇所にすり込むように塗っていきます

 

 

 

すると、泡が消え、お肌がモチモチになり、ベタつきは一切ありません(塗る側の手もベタベタしません)

 

 

 

ファムズベビーもプロペトと同じように他のベビーオイルや病院から処方された軟膏と一緒に使えますし、ファムズベビーのバリアで子供や赤ちゃんの肌の潤いを閉じ込め、肌の乾燥から守る他にも、外部からの刺激物からも肌を守ります

 

さらに、プロペトは皮膚の表面にバリアをはるので、服などで擦れたりすると、プロペトは取れてしまいますが、ファムズベビーは皮膚の内側にバリアを張るので服などで擦れてもファムズベビーが取れる心配も少ないし、ベタベタしないので、子供も喜んで使えます

 

ファムズベビーは公式サイトで定期購入で購入すると、28日間返金保証がついています
ファムズベビーは商品に自信があるので、購入し、効果を実感できなかった場合に返金保証を受ける事が出来るのです!!

 

なので、効果が無かった場合,返金できるので安心して購入できます(#^^#)

 

 

子供の蕁麻疹や湿疹以外にも活躍します

 

  • 新生児肌荒れ
  • 子供のあせも
  • 手荒れ
  • 靴擦れ
  • 金属アレルギー
  • 鼻水の肌荒れ
  • 化粧の下地

上記の実際に試した記事はコチラで見ていただけます

 

 

ファムズベビーの購入は公式サイトからの購入が肌に合わなかった場合の保証サービスやまとめ買いで安く購入する事も出来るのでお得です♪

 

 


 


 
バリア機能とは? 最安値で買う方法 出産プレゼントにもオススメ 夫の体験レビュー(; ・`д・´)